中古車を安く買うコツ

中古車を安く買うコツはずばり、値引き交渉です。但し新車とは違い、例え同一の種類の中古車が他店舗で売り出されていたとしても、状態や仕様など条件が異なる場合が多く、新車より値引き交渉が難しい傾向にあります。そこで、値引き交渉のコツとして、まず中古車販売店に支払い総額がわかる見積り書を作ってもらいます。見積り書には、購入にかかる費用の内訳が全て記載されているため、どういった部分にどれだけ費用がかかっているかを把握するために必ず作成してもらいます。

その中で、まず削れる金額を探します。一番削減しやすいのは「代行費用」です。名義変更などの手続きを代行してもらうのがこの費用にあたり、特に車庫証明などは自分でも簡単に取りに行くことができ、さらに費用もそんなにかからないためご自分で行うことをおすすめします。そして、下取りも同時に行う際は、「下取り車手続き代行費用」という項目も追加されます。

これは、下取りに出された車を、一旦販売店に名義変更する際にかかる費用となりますが、新たに手続きが必要でない場合はここもカットできないかどうか担当者に交渉しましょう。代行費用関連を削った時点で、初めて値引き交渉をします。担当者にどこまで値引きできるか、を質問して妥協点を探りましょう。また、別の販売店で同じ車両の見積もりを出してもらっていることを伝えるのも有効です。

営業担当者は売り上げを競争しているため、そこを突くのは有効な手だてと言えるでしょう。また、気になる傷やへこみがあるなら直してもらう、というのも直接的ではないですが間接的な値引きとなるため試してみましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です